食の欧米化から見る日本の将来

日本は戦後、アメリカの意向もあり急速に欧米の文化が入って来るようになりました。
娯楽や生活環境やなど身の周りの物をほとんどが欧米文化に関係がある物ばかりです。
そのほとんどが便利で今ではなくてはならない物といっていいでしょう。
欧米文化を習ったことで日本の経済発展や生活水準は物凄い勢いで進みました。
現在の日本があるのも欧米化が良くも悪くも影響しています。
特に食文化においては農耕が中心だった生活から輸入にたより肉や加工食品を中心にした物に変わってきました。
欧米の物は脂肪と塩分など味の濃いものが多いので美味しく感じる反面、様々な問題も出てきました。
健康面では肥満や高血圧、糖尿病などの生活習慣病が増え輸入に依存することで国内の農産業関連が衰退してきました。
これからも欧米化が進むと想像できますが世界的に見れば人口や気候変動による問題で食料不足も懸念されています。
これからは国内自給率を上げて将来に備えることが必要と思います。