欧米化の食文化をいれても健康重視

戦前まで多くの家庭の一般的なスタイルは、ご飯に味噌汁、漬物、野菜の煮物、水産物など動物性より植物性の食べ物が多いのですが、戦後になってから短期間で欧米化した影響によりパン、ポテト、ハンバーガーなどの炭水化物が増えていき、仕事などで忙しい理由も含め日本人のライフスタイルが変化してきてます。
しかし、欧米化の影響はあるもののうどん、寿司といった和食が衰えたわけではなく反対に、肥満や健康を気にしてる外国人が関心を持ち味も良いから好きになる人が増えていることも事実です。
メタボリックシンドローム、胃がん、大腸がん、糖尿病を抑えてくれる野菜が、戦前と比べ摂取する量が減ってきてはいるものの健康を気にしてる人は増えてきているので、果物や野菜、乳製品にあるビタミンやミネラル、鉄分など含まれているサプリメントやジュースにして飲んだりして補い、出来る限り動物性食品の過剰な摂取を心がけている方向に変わってきてます。