食の欧米化が進むと生活習慣病のリスクが高まります

日本人はお米を中心として農作物を作りそれらを収穫して食料とした文化でした。
戦後、世界との交流が盛んになり外国の文化が入ってくるようになると急速に欧米化が進みました。
生活環境の変化は様々な影響を及ぼすようになり問題となっています。
欧米は肉や油脂、加工食品、スナック菓子などが中心でこれを長い間、摂ることにより肥満や高血圧、糖尿病などといった生活習慣病が増えてきました。
今では世界的にトップクラスの長寿国ですが将来的には下がる事が想像できます。
海外では日本の文化が見直され推奨している国もあると聞いた事があります。
欧米化が進む事は自給率にも大きな影響が出てきます。
加工品や肉類などは輸入に頼る事が多く、安価で大量の品は国産品の生産にも影響します。
世界的には人口が増えていくので食糧問題は深刻になります。
輸入に依存している日本も他人事ではありません。
自給率を上げていく考えを持たないと将来には問題となると思います。

none